韓国・韓国語大好き***


by teyaxpdi108
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:映画:영화( 7 )

후아유。

후아유

インターネットの中のバーチャル世界での恋愛をテーマにした作品でした。
バーチャル世界が舞台なのに、妙に韓国社会をリアルに描いているような感じを受けました。

劇場未公開だからか、俳優さんも女優さんも知らない人ばかりで、それがまたリアルな韓国を切り取ったようです♪

ちょっと気に入りました。
[PR]
by teyaxpdi108 | 2007-09-20 22:24 | 映画:영화

デュエリスト。

見ました!!
カン・ドンウォンちょーかっこいい!!
確かに、カン・ドンウォンのためにあるような映画ですね(笑)
画面を食い入るようにみていました((((*0*))))

本当に太刀のシーンは本当にきれいで、表情もそうですけど、あの目に引き込めれる引き込まれるひきこまれる・・・・(////▽///)・~@ 

ぽわぁ~としてたら、許されない恋に気づいちゃったあたりから切なくて、最後は(あまり泣かないteyaが)ポロっとないちゃったりして、完璧にメロメロですね。

目の保養したい方お勧めです。

内容は・・・時代背景はよく分かりませんが、政治の黒い世界ですね。
ガラスがでてきたり、真鍮っぽいものがでてたりしてたから、日本は江戸から明治ぐらいなのかな??室町がどうとか言ってたから、もう少し昔かな??

言葉に関しては全体的に聞き取りづらいなぁと思いましたX。X(台詞が早かったし)
話が昔だからか、もしかしたら地方のお話なのか、なんとなくイントネーションが違ったような。

なんにしろ、カン・ドンウォンがかっこよかったです!!

(なんだこの記事 ^^;)
[PR]
by teyaxpdi108 | 2006-09-06 22:40 | 映画:영화

連理の枝。

e0054682_17194420.jpg


本当に本当に 정말 진짜 感動しました。普通に泣けるだけの切ない話ではありません!!
韓国ドラマにありがちな不治の病の話かと思いきや、こんな展開になるの!?とどんどん引き込まれてしまって、ラスト30分ぐらい泣きっぱなし。

死を待つということ。大切な人を残すということ。・・・大切な人が死んでしまう。その人のために何ができるか。本当のやさしさって何なんだろうか・・・といろいろ考えさせられる内容だったと思います。

本当に本当にお勧めです**
[PR]
by teyaxpdi108 | 2006-04-23 17:30 | 映画:영화

マイ リトル ブライド

e0054682_22355111.jpg

かわいい!!ムングニョンo(^^o*
サスガ「国民の妹」ですね。
子供っぽい感情がすごく伝わりました。すねたり、困ったり、笑ったり・・・本当に可愛らしかったです。でも、たしか彼女は160センチ以上の長身なんですよね。(世間では160センチを長身とは言わないかも・・・)

「親友との約束を果たしたい」なんて意味の分からない理由で結婚させてしまうおじいさんの設定って、韓国ならではと言ったところでしょうか・・・(^^;別にもう少し待っても良いじゃんとか思ってしまうぐらい強引な展開が見所ですね。
そもそも、そんな理由では結婚できないって(゜▽゜;

よく、「おまえにはこの娘じゃだめだ」とか「親の言うとおりにしていれば幸せになる」とかいう台詞がでてきますよね。儒教の国、親が子供に与える影響力にはいつも驚かされます。日本では・・成人した子供に対して、親が意見したり、何かを決めるということは、あまりないような気がしますね(。。;

まぁ、そんな若奥様に翻弄されながら、暖かく見守っているキムレウォンがまたステキデス。

そころで、大学生のだんな様と高校生の奥様。生活費はどこから!?なんて素朴な疑問が残りつつも心温まる、お話でした^v^

        *****************************
奥様:부인
夫の友達に「奥さん」と呼ばれて、少し照れるムングニョンがとても可愛らしいです。
[PR]
by teyaxpdi108 | 2006-01-29 22:43 | 映画:영화
なんと言っても、キムハヌルのウソをつく演技がいいですね^^。くるくる変わる表情がとても可愛らしくて、表情が豊か!!演技の中での演技で泣いてて、よく泣けるなぁ~なんて感心してみてましたけど、逆にいえば、演技をする演技ってところがまたみどころなのではないですかね。本当におもしろかった***また、それに振り回されるカンドンウォンに笑ってしまいました。負けず劣らずいい表情◎。◎;
でも、「正直キムハヌルって、こんなに美人だったっけ!?」と思いました´~`  というのも、最初に見たのがクォンサンウと出ていた「同い年の家庭教師」だったので。この映画では、“イケテナイ”女子大生という設定で、あんまりさえない女優さんだなぁというのが第一印象。

キムハヌルに限らず、韓国の俳優さんってイメージがなかなか定まらないです。あの作品で美人だったからといって、次の作品では小汚い感じになっちゃってたりってよくある。カンドンゥオンに関してもそうですが、「オオカミの誘惑」とか他のドラマと全然雰囲気が違います。「オオカミ・・・」では可愛らしい弟ってかんじで、本当に高校生に見えた・・・゜ㅁ゜;この映画では・・3枚目・・・=。=
teyaは映画を選ぶ時に、俳優さんで選んだりすることがありますが、どの俳優さんも作品ごとに全くの別人に見えるのにいつも驚かされます。それだけ、韓国の俳優さんの実力が高いということなのでしょうか。。なので、いつも新鮮な気持ちで見られるので、韓国映画(ドラマ)は新しい作品を見るのがとても楽しみです***次は・・何を見ようかな。

いささんがとても詳しく文法を拾って解説していたので、とても分かりやすいです。
このように はじまれば 良いのかな/『彼女を信じないでください』
[PR]
by teyaxpdi108 | 2006-01-15 00:00 | 映画:영화

最近見た映画。

「マルチェクの青春通り」
を見ました。クォンサンウ主演で、「本気で誰かを好きになったことがありますか?」という副題に誘われて借りちゃいました。
率直な感想は・・・いまいち。(teyaこの感想多いなぁ・・・)
出だしは、男子校の実態恐るべし!!今の男子校がこうな訳がないとは思いますが、軍人が学校の中にいて、且つ(今となっては大問題になるであろう)体罰の数々・・・。そして、生徒同士の殴り合い。共学しか通ったことのないteyaにはかなりの衝撃。なんで殴るの!?そういえば、専門学校で出会った、中高と女子高だった友達が久しぶりの共学(小学校は共学だったみたい)に戸惑ってましたね。同じ教室に男子がいて、あほなことで騒いだり、声が大きかったり、力仕事は女の子はしなくて良かったりすることの一つ一つが新鮮だったみたいで、ワタワタしてましたね。彼女がこの映画を見たら、どんな感想を言うのだろう・・・。むしろ、女子高ってどんな感じなんだろう・・・。
中盤は、初恋と友情でまさに青春通り!!「はにかみ」もびっくりのはにかみ所満載***・・・だったのに、失恋と親友の裏切り(?)でいきなりクォンサンウご乱心!!!荒れに荒れたキメ台詞が
「대한민국 학교 ○○○○!!!韓国の学校 くそ食らえ!!!(くそ食らえが聞き取れなかった・・・むしろそんな言葉知らないし。)」
・・・・・って敵って学校だったの!??¬(゜□゜;))))い~つ~か~ら~!?と、ここらで話の趣旨が読め取れなくなりましたね。
ラストは・・・友情!?
やっぱり全体としていまいちです。男の人なら、この話の趣旨が分かるのかもしれません。
一番心に残っているのは、お父さんの「大学にいけないやつは、剰余人間だ!!」という台詞。学歴社会の韓国ならではですかね。受験の日のニュースをテレビでよく見ますが、校門の前で祈り続けるオンマたち、体育祭か!?って見間違う程の応援団、先導するパトカー・白バイ・・・って、一大イベントですよね。情に熱いというか。
ところで、剰余人間って何!?(´0`;
広辞苑で剰余を調べてみました
[剰余]①余り。残り。余分。余剰。
    ②数学で割り算の余り。
・・・余分な人間ってこと??あぶれた人!?なかなかキツイ言葉ですねぇ。


「猟奇的な彼女」
上映当時は韓国映画になんて全然興味なかったので。今更。
コメディーな映画だと思っていたら、なんだか深くて引きこまれました。
もし好きな人が死んでしまったら、好きな人ではなくても知っている人が死んでしまったら、立ち直ることなんてできるのでしょうか。幸い、teyaは好きな人はおろか、家族も知人をなくしたことがないので、その気持ちを理解することはできませんが、考えたくもないですね。目の前にいるのに触れられないのと、目の前にいてもくれないというのは、どちらがつらいのでしょうね。
同じようなストーリーの「僕の彼女を紹介します」では、チョンジヒョンの号泣に、에인が死んでしまう絶望感が本当に伝わってきました。で、映画館で号泣。こんなにも悲しく泣く人がいるものかと、驚きましたね。でも、個人的には「猟奇的な彼女」の方がなんだか心に残りました。
話はさて置き(置くなよっ゜□゜!)途中から、チョンジヒョンが篠原涼子に見えてきました。のはたぶんteyaだけでしょうね。パーツというか・・・雰囲気が。髪を掻き揚げるシーンなんか、「アンフェア」でもやってますよね。うんうん^^似てる***自己満足。
[PR]
by teyaxpdi108 | 2006-01-13 21:51 | 映画:영화
9月から10月にかけて3本の映画を見ました**
9월부터 10월에 걸쳐 3개의 영화를 보았던**

その紹介。
그 소개.

一つ目は「タッチ」
첫째는「터치」
e0054682_17185798.jpg


私、この漫画が大好きなんですよ!!大泣き(ㅠㅁㅠ)
나, 이 만화를 아주 좋아합니다! ! 대울음
アニメは再放送で見て泣いて、また泣いて
애니메이션은 재방송으로 봐 울고, 또 울어.

兄弟なのに遠慮したり譲ったり・・・大事にしてるなぁていう
感じが好きなんです。
형제인데 사양하거나 양보하거나···소중히 하고 있는라고 말하는 느낌을 좋아합니다.
しかも、主役の一人が死ぬなんかって、いうショッキングな展開も。
게다가, 주역의 한 명이 죽는다 라고 하는 쇼킹한 전개도.
映画では、やっぱり生身の人間が演じると、感情が直に伝わる感じでした。
영화에서는, 역시 살아있는 몸의 인간이 연기할 만큼 있어, 감정이 직접적으로 전해지는 느낌였습니다.
和也が死んだとこなんか、アニメ以上に悲しかったし
카즈야가 죽은 장면은, 애니메이션 이상으로 슬펐다.
話し知ってて、よく泣くよって言うぐらい大泣きしました。
이야기해 알고 있어, 잘 울어라고 말하는 정도대 울어 했습니다.
珍しくパンフレットまで買っちゃいました。
드물게 팜플렛까지 사 버렸습니다.
e0054682_1727043.jpg

e0054682_17275760.jpg




2つ目は「容疑者 室井慎二」b>←漢字違うかも・・・
2번째는「용의자 무로이 신지」←자 다를지도···
e0054682_1729201.jpg


前作の「交渉人 真下正義」が面白かったし、今回ギバちゃんだし、
전작의「교섭인 마시모 마사요시」이 재미있었고, 이번 기바 이고,
期待して見に行ったんだけど、う~ん・・・微妙
기대해 보러 갔지만, 으응···미묘.
要約すると、大きな組織がお馬鹿な一個人に振り回されたってところがおもしろいのかな??
요약하면, 큰 조직이 바보같은 한 개인에게 좌지우지되어도 곳이 재미있는 것인지? ?
一緒に行った友達は、ちんぷんかんぷんだったみたい。
함께 간 친구는, 횡설수설였다 보고 싶다.


YOUだよ!!b(゜口゜)


それでも私は大泣きでした(笑)最近、涙もろい・・・
그런데도 나는 대울음였습니다 (웃음) 최근, 잘 감동한다···



3つ目は「四月の雪」
3번째는「4월의 눈」
e0054682_1738278.jpg


もちろん、ヨンちゃんよばわりの母と行きました。
물론, 어머니와 갔습니다.
この映画の印象は・・・映画っていうか、周りの印象が強い
이 영화의 인상은···영화라고 할까 주위의 인상이 강하다.
とにかく、年配の女性が多い!!
어쨌든, 연배의 여성이 많다! !
50のうちの母が若いぐらい、みんないいお年
50 어머니가 젊을 정도로, 모두 좋은 나이.
本当に日本中のアジュンマたちがみてるんだなぁ~としみじみ思いました。
정말로 전 일본의 아줌마들이 보고 있어~로 절실히 생각했습니다.
内容は、漠然としすぎかな。なんだか。
내용은, 너무 막연히 한가. 어쩐지.
わかるんだけど・・もう少しこの間のことをいれてっ!!
아는데··좀 더 이전의 일을 넣어라고 .
という感想。
하는 감상

いまいちっ。。
조금 모자름. .

1勝2敗という気分ですかね。
1승 2패라고 하는 기분입니다.

この先みたい映画は、「私の頭の中の消しゴム」
일전에 보고 싶은 영화는, 「 나의 머릿속의 지우개」
e0054682_17445060.jpg


韓国の映画はだいたい見るんだけど、それ以上にこれは、職業的にも興味があるので。
한국의 영화는 대체로 보지만, 그 이상으로 이것은, 직업적으로도 흥미가 있으므로.
認知症とか、アルツハイマーって、本人もつらいけど、家族がつらい。
인지증이라든지, 알츠하이머는, 본인도 괴롭지만, 가족이 괴롭다.
私は症状が進んだ状態で担当になるから、そういう人なんだって関われるんだけど、
나는 증상이 악화된 상태로 담당이 되기 때문에, 그러한 사람 라고 관련될 수 있는데,
受け入れられない家族も多いかな・・・。
받아들여지지 않는 가족도 많을까···.
映画で見て、家族側の立場で考えてみないと・・・。
영화로 봐, 가족측의 입장에서 생각해 보지 않으면···.
e0054682_17563623.jpg

[PR]
by teyaxpdi108 | 2005-10-16 18:33 | 映画:영화